SEMINAR

マルヤファーム代表 松本隆弘様セミナー(第34回農楽マッチ勉強会)

松本氏 (1) (1)

糖度でギネス登録、6次産業化の実践

開催日時:2015年11月15日(日)13:30~14:50
開催場所:大阪総合生涯学習センター大阪駅前第2ビル6階第2研究室

大阪府南部の岸和田市包近町の桃生産農家。平成7年結婚と同時に就農され、現在は、桃70a ミカン100aを営農。現在大阪では唯一の桃の産地リーダー的存在。

昭和時代、ミカンで栄えていた地域で、夏の小遣い稼ぎ程度でしかなかった桃の生産

が、時代に流れにより桃の産地と変遷してきました。同時に流通形態も進化し相対取引の増大による、生産額の減少を何とかしようと、産地のブランド化に着手。平成19年に試行錯誤の結果、鳥取県の篤農家の方と「バクタモン」に出逢い、農業の常識と経験を覆し、初年度から高糖度の桃の生産に成功。約5年間技術の向上に注力し、「ギネス」に挑戦、人の繋がりにも恵まれ3年間かかりましたが、今年無事に「最も高いブリックス値を記録した桃」で、タイトルホルダーの称号を獲得できました。

生産した桃は、ネット販売・直売所・大田市場を通して各方面に流通しております。

6次産業化として、現在桃ジェラートを自社ブランドで販売中、今後リキュール酒なども視野に入れ、現在商品開発中です。

マスコミにも多数取り上げられ、新聞雑誌をはじめ、各放送局に出演。また、色々な産地からの見学を受け、また、講演に出向くなど多忙な毎日を送っておられます。

(文責:森本史郎)