SEMINAR

株式会社丹波西山 西山和人様セミナー(第36回農楽マッチ勉強会)

西山氏 (9)

安全な米つくりにこだわって

開催日時:2016年1月17日(日)13:30~16:30
開催場所:大阪第一生命ビル19階

1.株式会社丹波西山は5代続く農家で現社長西山和人氏は5代目に当たり、先代(父親)が早く亡くなれたので26歳で農家を引き継ぐ。元は農業嫌いであった。

現在は弟さんも就農し、メカに強く農機具のメインテナンスが得意である。

・現在の栽培規模、内容は水稲19Ha,畑Ha、ビニルハウス5棟。

・水稲は無農薬に拘り、打ち込み直植も初めている。稲の種類はあらゆる種類を栽培し農繁期の時期をズラス、天候・病気のリスクを避ける様にしている。

これは生産調整の確実な実施(補助金の獲得)、多様な販売先の獲得、更に多様な米の作付けデータの蓄積(農薬代の節約のためにも)である。

米の内容は主食米、醸造用玄米、加工米で、山田錦や五百万石は招徳酒造㈱のお酒に使用されている。

・野菜は万願寺あまとう、ホウレン草、小豆等を栽培。

・2007年有機JAS認定取得(水稲では全国最年少)。

2.経営に対する思い

・“自分が食べたいものをお客様に”

・顧客ニーズに合わせ、食の「安心」「安全」プラス「おいしい」「きれい」に拘っている。

3.大切にしていること

・人とのすべての繋がりを大切にする。

・頼まれたことは断らない。

・新しい技術に挑戦し対応する。(育苗技術の開発、抑草、除草の工夫)

4.誇り

・地域の保育園の給食用の米(有機JASコシヒカリ)を提供している。     (食育:自分が大学で学んだことに繋げる)

5.理想像(理念)

・若手らしく、謙虚な姿勢で挑戦する。

・祖父、父親の農業に対する志を引き継ぐ。

・再生可能な水稲農業のビジネスモデルを求める。

6.6次産業化

籾殻をグランドミルで押し出し、ハウスの燃料用の販売に挑戦している。

(文責:山口 彰男)